精神世界用語集
ホーム > トップページ > 精神世界用語

Buddismo


あ・か行

アサンガ(無着) あさんが 4〜5世紀に活躍した唯識派の代表的な学僧。

アビダルマ倶舎論 あびだるまくしゃろん インドの仏教論書であり、世親(バスバンドゥ、5世
紀頃の人)の著作。説一切有部の行き過ぎた教理
に対して、経量部の立場から批判が加えられてい
る部分がある点に特色がある。

アーラヤ識 あーらやしき(alaya) 表面に現れる心の連続の深層にあって、その流れに
影響をあたえる過去のカルマの潜在的な形成力をた
くわえる場所。

縁起 えんぎ 他との関係が縁となって生起すること。
「これがあれば彼があり、これがなければ彼がない。
これが生ずれば彼が生じ、
これが滅すれば、彼が滅す」(経典)

経量部 きょうりょうぶ

五蘊 ごうん 物質と精神の諸要素である、色・受・想・行・識。

顕教 けんぎょう 仏教分類の一種で,密教の対。密教以外の一般
仏教に対する呼称。密教は秘密の教えで,日常的な
言語文字では容易に伝達することができない真実で
あるのに対し,顕教は人々の宗教的素質に応じて
説いた仮の手だての教えだとする 。

さ・た行

十二処 じゅうにしょ 六つの認識器官「眼・耳・鼻・舌・皮膚・心」と、それら
に対応する六つの対象「いろかたち・音声・におい・
味・感触・考えられるもの」によって世界の成立ちを
説明するもの。

十八界 じゅうはちかい 十二処に六つの認識「眼識・耳識・鼻識・舌識・身識
・意識」を加えたもの。

声聞乗 しょうもんじょう

所知障 しょちしょう

身口意 しんくい 身体的活動(身)と言語活動(口)と精神活動(意)。
人間の一切の活動

真如 しんにょ 一切存在の真実の姿。この世界の普遍的な真理。

説一切有部 せついっさいうぶ 部派仏教時代の上座部から分派した最大勢力の
学派。この世界を成り立たせている一切のダルマが
過去・現在・未来の三世にわたって実在するとした
ことからついた学派名。

刹那減 せつなげん もろもろのダルマは現在の一瞬間にのみ存在し、消
滅する。(説一切有部派)

禅定 ぜんじょう

中観派 ちゅうがんは 中観派は、インド大乗仏教哲学の2大潮流の一つで
あり、龍樹の『中論』の著作によって創始された。
この中観の教理の根幹は、般若経の教えが基盤と
なっている。

等引智 とういんち

独覚乗 どくかくじょう

な・は行

ナーランダ僧院 なーらんだそういん

人無我 にんむが

波羅蜜乗 はらみつじょう

秘密集会 ひみつしゅうえ

法、ダルマ ほう 仏陀の教え(仏法)、世界を説明する原理。

方便 ほうべん 衆生を教え導く巧みな手段。真理に誘い入れるため
に仮に設けた教え。

法無我 ほうむが 法(ダルマ)がそれ自身で独立に存在する実体である
ことを示し、それを自性と呼ぶ。

梵天 ぼんてん

普賢菩薩 ふげんぼさつ 世界にあまねく現れ、慈悲と理知を顕して人を救う。
文殊菩薩とともに釈迦如来の脇侍を勤める。

不住涅槃 ふじゅうねはん 究極の悟りの境地。

菩薩乗 ぼさつじょう

ま・や行・わ

無上ヨガ・タントラ むじょうよがたんとら

唯識派 ゆいしきは 大乗仏教を代表する学派。その特徴は、心とは何か
を問い、その構造を追究した点にある。この派は、
瞑想(ヨーガ)を重んじ、その中で心の本質を追究し
た。そのため瑜伽行派(ゆがぎょうは)ともいわれる。

龍樹 りゅうじゅ ナーガルージュナ(naagaarjuna)は150‐200年頃の
インド仏教の学僧。

参考:ウィキペディア
▲ ページのトップへ戻る


Google





Copyright © COSMIC CHILD. All Rights Reserved.
テンプレート by ネットマニア